2005年度小学校のPTA会長を務めることになった4人の子持ち、職持ち主婦の記録


by chairpta

ブロック解除

気がつけば10日以上ぶりの投稿。
明後日から夏休み。
と言っても、9月初めのイベントのポスター貼り部隊や会計を実験的にパソコンで処理する為に、明後日も学校へ行く本部役員だった・・・。

で、はたと気付くと、ダイニングテーブルにあるiBookからほぼ常時、無線LANに繋いで快適にネット生活していた環境が崩れ、1日約1回有線で光LANのTAに直接繋いでデスクトップのWindowsマシーンからアクセスする生活になって以来、殆どのメールアドレスはiBookにあり、おまけにマックとウインドウズは互換性がないので、こちらには殆どアドレスを打ち込んでいず、ほんと、多くの人にご無沙汰!になってしまっていた・・・。

で、そのご無沙汰の間の私の日常の殆どがこの件なので、今年の残暑(すでに暑中は諦めている往生際のよい私・・。)見舞いには、ご無沙汰の間の状況はこちらへ・・と、このURLを送ろうと思っているので、やはり・・と非公開にしたいくつかの投稿を再度公開にした。
やはり、人の不幸は蜜の味?だからか、クサイモノに蓋をしてからコメントも減ったしなあ・・・。

今日は昨日学校で手直ししたホームページ開設についての説明をしたプリントが家庭数(ああPTA用語!)で皆さんのお手元にいっているはず。あれも、本来は辞退権についての報告プリント同様、表裏にびっしり「何故安心安全情報配信とホームページ開設がセットになっているのか」等々の疑問点、問題点を説明していたのだが、ホームページ開設申し込み校が思いの外少なかったからか、そういうことを一般に知らされるとマズいという雰囲気を市教委が察知したのか、直前になって、市教委自らが、学校長(PTA会長じゃないんだな、それが。)宛に、市P連、市教委が、府民ならタダで誰でも配信登録できる府が流す安心安全情報の存在を知らせ、さらに、これまでホームページ開設を申し込んだ学校の保護者に対し、有料で登録を促している情報は実はその情報と同じであることを認めた文書を流した。それを踏まえ、今回のプリントの内容はA41枚となった。
さらに、水面下で、地元の支部の会長同士、その件について話し合いたいと動いていたのだが、今度は今日付けで、8月の頭に各支部ごとにもっと詳しい説明会を開くので集まって欲しいという案内が校長宛に届いた。
きっと!市教委、市P連の目論見にも拘らず、実際には15日の締め切りの時点で参加を表明した学校がとても少なかったに違いなかったのだと思う。
「ネットの素人に」「参加しないと安心安全情報はもらえませんよ」と脅しをかけさえて、ほぼ強制の雰囲気を醸し出せば、殆どの学校が加盟するとの目論見だったのだろう。
でも、素人の正常な金銭感覚、ネット感覚は、そんなに簡単に騙されるようなものではなかったわけだ。
安心安全情報も、PTAの情報をネットにも公開するということも、時代の要請には適っていると思う。問題は、費用も含めたそのやり方なわけだ。それを事前に諮ることもなしに1800万円もの予算を組んで見切り発車したことは、時代錯誤もはなはだしいと思う。
どうせ人の金だから頓挫して回収できなかったところで自分とは関係がないという感覚がそういうことをさせたのだと思うが、その出所が市民税に違いないということを考えると、これは市民にとっては一人一人の大問題なのだと思う。これが仮に頓挫したとして、責任者が責任を負わなくていい、なんてのはどうかしてると思う。

え?あの方はあれから?ですか?? 相変わらず色々かましてくれてますよ。早速使途不明金も見つかったのですが、これは監査の場で追及してもらおうかと思っています。なにせ、念書の意味を中途半端にとらえてらっしゃるところがあの方のあの方である所以なのかと解釈しています。
[PR]
by chairpta | 2005-07-20 17:05