2005年度小学校のPTA会長を務めることになった4人の子持ち、職持ち主婦の記録


by chairpta

<   2005年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

うーむ・・

先日テレビで、去年六本木ヒルズの回転ドアで男児が死亡する事故を教訓として生かす為に、失敗学の観点から徹底検証して再発防止に努めるプロジェクトのドキュメンタリーを放送していた。
そこでは、回転ドアの特性から安全の為忘れてはならない根本思想が、安全よりも外観の豪華さを優先する日本の多くの顧客への配慮から完全に忘れ去られ、「安全の為には軽量で単純な構造であることが必至」→「豪華さの為に素材を変えて重くなる→機構が複雑に→さらに重量化→それを制御するためセンサーなどが増える→それは対症療法でしかなく、既にもともとより3倍近くの重さになったものは、たとえセンサーが作動したとしてもすぐには止まれない代物になっていた。」ということが明らかになっていた。
初めに回転ドアの技術を導入し、製造していた会社は途中で倒産し、人も変わって行く過程で、資料も消失したりして、その根本思想はその当時もの造りに携わっていた人には全く伝わっていないこともわかった。

昨日、学校側(校長、教頭、教務の各先生)と初めて話し合いを持った時、向こうはこの体制でもう4〜5年目であるにも拘らず、こちらは数年前に一度本部役員をすると、5年間はお役御免になることもできるという辞退権が発生して以来、毎年完全に人が入れ替わる。
引き継ぐ際に、押さえるべき根本的なポイントが忘れられていることも多く、表層に出ていることを見て、よりよく変えて行くつもりで提案しても、実はそれは根本的な必要条件に触れるらしいということを知らされて、「それを知っていれば、初めからこんな風には考えなかったのに(二度手間になる)」「その根本的な条件を変えるように働きかけるには時間が必要(らしい)→1年の任期では無理→かといって、辞退権を行使しないというのも・・・」という壁にいきなりぶちあたった。

PTAのTがteacherで、PTAが地域の各種団体の一組織になっていることを考えても、それらにもお伺いを立てないといけないことを変えて行くのはかなりたいへんで時間がかかるので、取り敢えずは、根っこが判り、流れが判り、過去の経緯が判る資料造り・・という、自分達だけでもできる改革に着手か。

入社した時、後ろの机でしょっちゅう突っ伏していて、ダラダラしているのに、私より当然年功序列で給料がよくて、経験はあるから流れは判っていて、その人にお伺いを立てるべし・・なことが多々あり、ある人によると、「あの人は入社当時はとても張り切っていたんだよ〜。」という先輩のことを思い出した。
[PR]
by chairpta | 2005-03-30 11:08

約10日経過

引き継ぎを受けてから今日で約10日が経過した。
22日に、来年度の役員が集まって最初に取り組んだのが、来年のスケジュール決め。
体育館を使った大きな行事の日も決めるので、教務の先生に来年度のスケジュールをいただきにいったら、「(案)」とはいえ、既に来年の3月31日までの予定がびっしりと決まっていたので『へえ〜〜(こんな時期に、もうこんな感じに落とし込まれているんだあ〜。」と感動してしまった。
それと今年度の予定を照らし合わせると、殆ど大きな変更はできないことが見えたので、取り敢えず、機械的に本部仕切りのイベントを当てはめていき、学校側にお伺いを立てることにした。
その予定だけだと楽々?なのだけど、実際にはそれを実行する為に承認の集まりや、準備をしなければならないのが面倒なのだろうなあ・・。
動きの実績の一覧はあるが、イベントごとに過去何年間かの実績のファイルがあり、どのイベントに対して、どのくらい前からどこに対して何をアプローチすべきか、何をどれだけ準備しなければならないかのチャートやチェック表が添付されていれば、最近のうちの学校のように、広く色々な人に経験してもらうようなシステムで動いている学校で委員になった人には安心だと思うので、そのようにしていけたら等々話が出る。
実際の業務に忙殺されてしまえばどうなるか判らないが、今のところ、そういうことにエネルギーを使うことはいとわない人達がメンバーになっているので、動けそうな気はするのだが・・・。
トータルのサービス量を減らすわけではなく、もっと効率的に、そうすべき時にはもっと多くの人を巻き込んで一人頭の負担を減らせるようにできないものかなあと思う。

それにしても、この時期に来年の3月までの予定が大体把握できるのは、私には向いているかも・・・。

これまで、幼稚園、学校で平役員を経験した際は、たまたま上に立つ人も一緒にする人も同じようなタイプの人が集まりやりやすかった。
今年もそのラッキーが続くように祈りつつ・・。
[PR]
by chairpta | 2005-03-26 16:23

何じゃこりゃ!

3/12,26,4/1,6,8,9,10,13,14,20,22,23,27,30,
5/7,9,10,11,14,17,19,21,22,23,24,25,26,28,
6/1,2,6,8,10,14,15,20,22,23,25,29,30,
7/1,2,3,5,6,9,13,14,15,18,19,21,22,24,26,28,31,
8/1,4,5,17,22,23,26,28,29,30,9/2,4,7,8,10,11,14,18,21,28
10/3,4,5,6,7,14,15,17,18,20,24,25,26,31,
11/1,2,6,8,13,16,19,20,27,30,12/2,4,6,7,8,10,11,13,15,19
1/7,9,11,14,16,21,24,2/1,8,9,10,11,13,14,17,19,22,25,26,28,
3/1,2,3,7,11,13,15,17,22,23,26,31,4/6
これは何でしょう?
答えは、今日引き継いで来た、本部役員の誰か(会長は殆ど出席)が出席する会議や行事の昨年度の実績だ。昨年度のいつ、本部役員が活動したかということだ。
これだけ挙げたのだから!と、思わず数えたらその数145。
145分の365!=0.397...ということは、噂には3日に一回位は・・と聞いていたけど、それ以上駆り出される計算だ。

ただ、今日判ったのは、前倒しで日程を決められること。これは、想定内。期待していた部分だ。9月の行事も4月の頭には決めるらしい。
改革したいことがあるとすれば、それも5月下旬の総会までにたたき台をつくるべしらしい。
とにかく、これから5月までが勝負のよう。
何とかこの日数を減らすことはできないものか??
例えば各種団体などの集まりに、チビを連れて行って、チビがいる人は(今後)やはり無理だから会長職にはならないようになる・・とか・・。(逆にチビが人気者になる確率の方が高いか?)
とにかく、22日と29日に集まって、策を練ります!

うちの入学式(挨拶をしなくては!)より早く、今日、地域の公立中学の入学式の招待状をもらってしまった。こうなったら掃き溜めに鶴(ウソウソ)は無理だけど、来賓席最若だと思うので、若さで光ってやるぞ!
[PR]
by chairpta | 2005-03-17 18:00

これから引き継ぎだ!

PTA会長職を引き受けた。
4月から6年、4年、3年の3人の小学生、そして、2歳の4人の子持ち。そして、自営とはいえ仕事もしている。
それなのにどうして引き受けたか?というと、本部役員候補に選ばれたのが、その2歳の妊娠中、乳児の頃、そして今回と3度目であり、今回選ばれていた人には、この人となら・・と思える方が何人もおられ、そのうちの何人かの方が立候補されたので、では、この人達と、今年ご一緒に・・と思ったからだ。
4人の子持ちは大変でしょう?と言われるが、現実には(自分にとっては)それほどでもない。
会長は死ぬ程大変!と言われているが、やってみないと判らない。
それについて語れるのはやった人間だけだと思う。

そんなに「大変」なら、大変でないようにできないのか??
それにしても、虎穴に入らずんば虎児を得ずで、中に入ってみないと・・。
要る大変は別に大変ではないし、要らぬ大変はなくしていき、小さい子供がいても、
仕事を持っていても、誰でも引き受けられる本部役員となるよう、必要ならば改革できれば、
と、今のところ、少々の志を抱きつつ・・。

そう言えば、本部役員の初仕事は表には出て来ない、老人会のお花見の手伝いだそうな。お花見期間の日曜というと、のっけから仕事と重なりそうだが・・。
そもそも、なんで老人会の手伝いがPTA役員なんだ?とか、疑問を持てばきりがないのだが・・。
そういう「表」には出て来ないお仕事も全てこのサイトで明らかにしていき、皆さんに考えてもらう場にしていきたいと、このサイトを開設した。

どこまで志通り、書けるのか。
取りあえず、今日の1時から引き継ぎだ。 
2歳の摩耶と、こないだ「ハウルの動く城」(私やうちの子供達は大好きだった!)の映画を見に行くついでに敷地内のジャスコで買った、14.5cmの上履きを携えて、いざ、出陣!
[PR]
by chairpta | 2005-03-17 11:24